慶應義塾體育會ソフトテニス部|KEIO UNIVERSITY SOFT TENNIS CLUB

慶應義塾體育會ソフトテニス部トップページ
  • HOME
  • 部長からのご挨拶

部長からのご挨拶

いよいよ東京オリンピックの前年になりました。国内ではスポーツへの気運が高まっています。我々の慶應義塾でも同様です。特に、英国オリンピックチームの事前合宿が横浜・川崎の諸施設と併せて、慶應義塾でも実施されることになり、いくつかの施設の改修工事も行われています。ソフトテニスはオリンピック種目ではありませんが、部内にはそれなりの高揚感が高まっていると思います。 我が部は、男女共関東学生リーグで2部に留まっています。1部昇格を目指して全部員が鋭意努力をしていますが、あと一歩で昇格を逃しています。春秋の早慶戦では、学生チャンピオンである早稲田大学にこのところ負け続けていますが、部員達は昨年は少し手応えを感じたようで、今年こそ早慶戦での勝利を目指しています。 慶應義塾には社中という言葉があります。これは、教職員・塾生・塾員(OB/OG)を表す言葉であり、社中協力が様々な所で活発に行われております。我がソフトテニス部においてもまた然りであり、対外試合には、多くのOB/OGが応援に来て下さり、他校を圧倒する応援によって、部員達の士気を高めて下さっております。このような社中協力の元、部員達は勝利を目指して対外試合に臨んでいます。

我がソフトテニス部は、1901年(明治34年)、慶應義塾体育会の8番目の部として活動を開始しました。当時は軟球使用の庭球部としての体育会加入でした。国際競技の使用球が硬球であるため、硬式庭球への転向の潮流に伴い、1913年(大正2年)に、軟球使用の庭球部は体育会から一旦消える事になります。その後、幾多の変遷を経た後、転向されなかった多くの先輩方の努力により、1949年(昭和24年)に軟式庭球部として体育会に再加入しました。そして、1994年(平成6年)、ソフトテニス部と名称変更し、現在に至っています。このような伝統を踏襲し、今後も戦績を上げるべく、部員たちは日日練習に励んでいるところです。

慶應義塾では「気品の泉源,智徳の模範」たる塾生を育てようとしています。体育会塾生においては、単に試合に勝利するばかりでなく、対戦相手に敬意を表し、自身に恥ずかしくないプレーをするべく、日々研鑽を積む、ということを監督、コーチ、OB/OGの塾員が熱心に指導しています。社中協力で、人間として幅のある塾生を育てたいと思っております。慶應義塾入学を目指し、ソフトテニス部で心身共に鍛えたいという皆様の入部を、心より歓迎致します。

澤田達男
慶應義塾大学理工学部
機械工学科教授

 

 

 

 

 

 

 

  • 慶應義塾體育會ソフトテニス部
  • 部長からのご挨拶
  • ソフトテニス部の紹介
  • 新入生に向けて
  • 質問集
  • 沿革
  • 年間行事
  • 年間行事
  • 年間行事
  • 軟式庭球史概要
  • テニスの歴史と特徴
  • 年表
  • これまでの主戦績
  • 入試のご案内
  • インスタグラム
  • 部員・マネージャー募集中
  • 慶應義塾體育會ソフトテニス部 tweeter