慶應義塾體育會ソフトテニス部|KONAN WOMEN'S UNIVERSITY

慶應義塾體育會ソフトテニス部トップページ

ソフトテニス部紹介

東日本学生選手権大会において男子の白石・浜高ペアが3位、女子の増子・船津ペアがベスト16となりました

 6月10日、11日に山梨県甲府市にて行われた東日本学生ソフトテニス選手権大会において男子の白石洋平(経済学部3年、神奈川県慶應義塾高校)・浜高彰仁(総合政策学部3年、石川県小松市立高校)ペアが3位になりました。昨年のベスト8という結果から8本シードを得て臨んだ今大会は1日目に2部校のレギュラークラスとの戦いに苦戦を強いられるも着実にポイントを重ねて勝利し2日目の続行試合に駒を進めました。準々決勝では早稲田大学のインターハイ優勝経験者を倒すなど実力を120%発揮しベスト4となりました。続く準決勝では早稲田大学の1番手に2-⑤で負けてしまったものの、3位という順位は近年の塾ソフトテニス部では一番の成績となります。
 
2回戦  ⑤-1 下田高倉(早稲田大学)
3回戦  ⑤-2 黒坂山口(日本体育大学)
4回戦  ⑤-2 永野佐藤(中央大学)
5回戦  ⑤-3 足立山内(國學院大學)
6回戦  ⑤-2 原田伊比(東京経済大学)
準々決勝 ⑤-3 吉田安藤(早稲田大学)
準決勝  2-⑤ 小栗高月(早稲田大学)

 
 また、女子では増子裕香(総合政策学部3年、福島県田村高校)・船津美佳(環境情報学部3年、和歌山信愛女子短期大学付属高校)がベスト16入りしました。
 
1回戦 ⑤-2 望月遠藤(東京女子体育大学)
2回戦 ⑤-4 上野田野倉(立教大学)
3回戦 ⑤-3 恒益中尾(東京女子体育大学)
4回戦 3-⑤ 石倉中西(東京経済大学)
 
 男女とも大学対抗ではベスト16という結果に終わってしまい悔しい思いをしたものの、この結果に自信をもって8月に行われるインカレに向けて日々練習に励んでいきます。
 今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。



写真:3位の白石(左)・浜高ペア
  • ニュース
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年