三田ソフトテニス倶楽部規約

第一章 総 則

  第1条

本会はこれを三田ソフトテニス倶楽部と称する

  第2条

本会の目的は慶応義塾体育会ソフトテニス部の発展、育成に資する事、並びに会員相互親睦向上を図ることにある

  第3条

本会は事務所を慶応義塾体育会または別に定める所におく

  第4条

本会は目的達成のため、次の事業を行う
  1 現役に対する指導育成および援助
  2 親睦会、OB・現役対抗戦等の開催
  3 会員名簿の発行
  4 部報および会報等の発行
  5 総会等の開催
  6 その他本会の目的達成上必要なる事業   
第二章 会 員

  第5条

本会の会員は次の会員で構成する
  1 普通会員
 慶応義塾体育会ソフトテニス部、及び旧軟式庭球部に大学卒業時在籍した者、並びに途中在籍者で常務理事会の推薦を受け総会で入会を認められた者
  但し、辞退の意思表示をした者はこの限りでない
  2 特別会員
 本会の目的に賛同し総会において特に入会を認められた者

  第6条

会員にして、総会において不適格と認められた者はその資格を失うこともある

 

第三章 役 員


  第7条

本会には以下の役員をおくことができる
  1会   長   1名
  2副 会 長   2名
  3理 事 長   1名
  4副理事長   1名
5常 務 理 事   若干名
  6理   事   原則として各卒業年度1名
  7監   事    2名
  8慶応義塾体育会ソフトテニス部総監督 1名
  9大学男子部、女子部 監督 各1名
  10常務理事会、委員長   若干名
  11同委員   若干名
 
  第8条


1 会長、副会長、理事長、監事は会員中より総会において選出する
2 常務理事は理事会が選出し、会長が任命する
3 理事は各卒業年度の会員の互選により選出し、会長が任命する
4 総監督及び監督は、原則として会員中より常務理事会が選出し、会長が慶応義塾体育会に推薦する。
  総監督は監督を総括し代表する


  第9条


会長は本会を代表し、会務を総理し、役員会を招集する。副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはこれを代理する

 


  第10条

理事長は会務を掌握し、副理事長は理事長を補佐し、理事長に事故あるときはこれを代理する。理事会は会務を処理する。常務理事は理事を代表し、経常的会務を処理する

  第11条

監事は本会の会計を監査する

  第12条

役員の任期は定時総会より翌年の定時総会までの2か年とするも重任を妨げない     
補欠によって役員となった者の任期は前者を継ぐものとする

  第13条

1 必要あるときは総会の決議により、名誉会長、顧問、参与をおくことができる。
2 理事長は必要に応じて会長の承諾を得て常任委員を設置することができる
第四章 総会及び役員会
 第14条 定時総会は年1回開催し、会長がこれを召集する
 第15条 総会は次のことを決定する
 1 本会の規約変更
 2 予算と決算の承認
 3 第8条1項の役員の改選
 4 その他重要な事項  
 第16条 臨時総会、役員会は随時必要に応じ、会長がこれを召集する

 

第五章 会 計

 第17条 本会の経費は、会費、寄付金、その他の収入を以てこれにあてる
 第18条 会費の額は総会の決議により決定する。普通会員は会費を期限内に納入する
 第19条 本会会計年度は毎年1月1日に始まり同年12月31日に終わる

 

第六章 附則


  第20条

この規約は昭和27年11月16日より適用するものとする

  第21条


昭和55年12月7日改定(昭和56年度より施行)
平成6年3月12日改定
平成18年3月4日改定


  第22条

 

 

 

                    

        


1 平成23年3月5日改定 (平成23年度より施行)
2 年会費は1口5千円とし、会員は、原則として、年齢・性別に関係なく2口納入する。
   但し、事情がある場合は、納入を減額又は辞退することができる。
3 年会費に加え、会員等から寄付金を受け入れる。 寄付金のうち、年額2万円以上は、原則として、慶應義塾へ「指定寄付金」(主たる使途は、塾体育会ソフトテニス部強化費用)として納入し、所得税法上の寄付控除の対象として処理される。

このページのトップへ

      HOME >卒業生 >三田ソフトテニス倶楽部について