慶應義塾體育會ソフトテニス部|KONAN WOMEN'S UNIVERSITY

慶應義塾體育會ソフトテニス部トップページ
  • HOME
  • 受験をお考えの方へ
  • 合格体験記

合格体験記

合格体験記

〈男子部〉
総合政策学部1年 小田島俊介(AO入試)
総合政策学部2年 林城太郎(一般入試)

〈女子部〉
総合政策学部4年 熊林映実 AO入試 Ⅱ期
環境情報学部4年 船津美佳 AO入試 Ⅱ期
総合政策学部4年 増子裕香 AO入試 Ⅰ期
理工学部3年       川島春佳  AO入試
環境情報学部3年 山本真衣 AO入試 Ⅱ期
環境情報学部1年 黒見奈央 AO入試 Ⅰ期
総合政策学部1年 高田瑠海 AO入試 Ⅱ期

総合政策学部 1年
AO入試
小田島俊介の合格体験記

■なぜ慶應を受けようと思ったのか
私は、高校1年生の時に山形インカレを見て、慶應義塾ソフトテニス部のプレーがとてもユニークでカッコ良いと思い、気になっていました。後日、慶應義塾大学にAO入試があることを知り、挑戦してみようと思いました。AO入試は倍率が高いため受験に反対する人もいましたが、反対を押し切って受験をしました。

 

■受験対策の苦労など
志望理由書を作成する際に苦労した点は、志望理由のテーマ設定です。志望理由のテーマには自分の思っていた「自分のやりたいこと」ではなく、「社会で求められていること」を記載する必要がありました。また、一次試験の書類提出期限はインターハイの最中、二次試験の書類提出期限は国体の前日と日程が重複しており、受験とソフトテニスの両立に苦労しました。

 

■体育会に入部した理由
大学でもソフトテニスを楽しみたいと思ったことと、また人として成長するためです。

 

■体育会に入ってよかったこと
体育会生として行動に責任を持つようになったこと、人との繋がりが増えたことです。

 

■最後に(受験を考えている人に)一言
二次試験の面接対策では、練習の量をこなすことが大切だと思います。「量」をこなすといっても、ただ単に面接練習をするだけでなく、生活の中で日頃から意見を発信することでも練習になります。日頃から意識することが大切です。

↑top

 


総合政策学部 2年
一般入試
林城太郎の合格体験記

■なぜ慶應を受けようと思ったのか
現役で明治大学に入学しましたが、自分の勉強を見てもらっていた恩師や父の勧めもあり、慶應への思いが捨てきれず9月頃に仮面浪人を決意し、翌年に慶應を受験しました。

 

■受験対策の苦労など
大学に通い単位を取得しながらの浪人生活だったので、家事と学生生活、受験勉強の三つのバランスを取ることがとても大変でした。結果として、第一志望の経済学部は不合格でしたが、総合政策学部には合格することができ、半年間苦労して良かったと感じています。
慶應の入試問題は、英語が得意で国立大を併願する受験生が有利になるように作られていると思います。特に経済学部と文学部はその傾向が顕著に現れており、英文や問題のレベルそのものは高くないものの、他の私立大入試では見られない大量の記述や英作文が特徴的です。そのため、現役の頃に早稲田大や明治大に焦点をあてて知識や読解を中心に積み上げてきた自分の学力では対処が難しく、浪人を始めて最初に取り組んだ過去問では芳しくない結果だったことを強く覚えています。
一方、法学部の入試では、上記の二学部ほどの記述力は要求されない代わりに、膨大な量の知識量が要求されます。英語の問題も非常に多彩で、今年は2013年以降出題されていなかった発音、アクセント問題が復活したことにより、受験英語の全ての出題パターンを網羅している典型的な私立文系タイプの受験問題といえます。
社会科系統の入試科目もその流れを汲んでおり、経済学部では出題される年代が限られている代わりに記述力が重視され、単純な出題形式で多くの知識が要求される問題となっています。
このように、慶應大学の入試問題は学部ごとに様々な特徴があります。そのため、もし慶應大学を第一志望に考えるのであれば、自分の学力や得意分野に応じて受験学部を絞り、個別に対策することが合格を得る近道だと思います。

 

■体育会に入部した理由
ソフトテニスが大好きで、一生懸命テニスに打ち込める最後の機会だと思ったからです。

 

■体育会に入ってよかったこと
テニスだけでなく礼儀や生活態度など様々な点において優れた人がたくさんいる環境で、日々成長を実感できる点です。

 

■最後に(受験を考えている人に)一言
入学することはなかなか難しい大学ですが、頑張る価値は必ずあると思います。

↑top


  • 試合結果
  • 入試のご案内
  • フォトギャラリー
  • 部員・マネージャー募集中
  • 慶應義塾體育會ソフトテニス部 Facebookページ
  • 慶應義塾體育會ソフトテニス部 tweeter