慶應義塾體育會ソフトテニス部|KONAN WOMEN'S UNIVERSITY

慶應義塾體育會ソフトテニス部トップページ

ソフトテニス部紹介

春休み高校生招待研修大会 2015年3月

※ クリックするとPDFが開きます。
3月26日男子
3月31日男子
女子の部
『写真 』 / 男子の部 女子の部


[男子の部]

今年も春休みに、近隣の高校生の応援と大学への勧誘を趣旨とした高校生招待研修大会を開催 しました。今回は、女子の部で神奈川県平塚江南高校、茨城県土浦第一高校に初参加して頂きま した。

3月26日の男子の部第1日目には、神奈川・埼玉・千葉3県から9校の参加があり、熱戦が繰り広 げられ、優勝は最終試合まで縺れました。結果は、昨夏の研修大会と同じく、山口・平野組、 谷岡・榎本組の2ペアが全勝を果たし小田原高校が優勝しました。秋の県新人戦では全ペア初戦 敗退と結果を残していなかった相模原高校ですが、今回は頑張り準優勝となりました。井上・関根組 が全勝、三宅・中田組は全勝は逃しましたが、エキスビションで大学生に勝利しました。また、決勝 2位リーグ、3位リーグでも熱戦が続きました。(3位リーグは三つ巴)

3月31日の男子の部第2日目には、東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城5県から参加がありました。 注目の優勝争いは、川越東高校と緑岡高校の一騎打ちとなりました。例年、埼玉県内・県外で活躍 している川越東高校ですが、今年のメンバーほぼ全員が昨年来の主力メンバーであり、試合経験も 豊富で緑岡高校に競り勝ちました。また、第1日目と同じく決勝2位リーグ、3位リーグも熱戦続きでし た。(2位りーグが三つ巴)

また、エキスビションでは大学生に勝利したり、接戦をしたりのペアも多くいました。そうした試合では、 高校生の皆さんが相手が大学生なので負けて元々と向かって行く気持ちでプレーをしたことが功を奏 していたように見受けられました。今後の公式戦でもどんな相手に対しても向かって行く気持ちを持ち、 慎重かつ積極的なプレーで少しで多く勝ち上がって頂きたいと思います。
なお、成迫・近藤組,神庭・竹内組(川越東)、林・黒澤組が全勝賞を、山岸・佐々木組(鎌倉学園)が 特別賞を獲得しました。

 [女子の部]

今大会は、今までにないほどレベルの高い研修大会となりました。サーブの精度、ロブやシュート、 前衛の勝負と良いプレーが多く見られました。どの試合いもどちらが勝つか分からない接戦となり 非常に良い試合でした。また、高校生らしく大変元気があり、最後までボールを追う姿が印象的 でした。関東大会予選に向けて良い研修大会になったのではないかと思います。(船津(記))

*今回、女子の部第2日において、本部として最低・最悪のミスを犯してしまいました。予選Aブロック において、東葛飾・光陵・緑岡の3校が三つ巴となり、本来ならその3校で得失点差の計算を行うべ きところを慶應大を含めて計算を行った為、本来の順位と違った順位で決勝トーナメントに進むこと になりました。関係校の方々にお詫び致します。申し訳ございません。今後は、このような事が無き よう十二分に注意致します。

今回参加の各校男女とも上位チームから下位チームまで、途中で勝負を諦めず最後まで全力プレー の熱戦ばかりでした。今回は、数試合でしたが、観戦した大学生から試合後アドバイスをするという 新たな試みも行ってみました。今回の研修大会が少しでも高校生の皆さんの実力向上のお役にたて たならば幸いです。今回参加の高校生の皆さんが4月の新年度より各大会で大いに活躍されることを 祈念致します。
また、昨年度と同じく、研修大会に参加された高校生の中から一般入試或いはAO入試等で慶應義塾 大学を受験されソフトテニス部へ入部して下さる選手が来年度以降出て来ますよう期待しています。 高校生の皆さん、可能な限り慶應大受験やテニスの相談に応えますので、ご遠慮なくご相談下さい。


(小林(記)



優勝した川越東高校のみなさん

表彰式

全勝賞 川越東高校 成迫・近藤組 神庭・竹内組

全勝賞 緑が丘高校 林・黒澤組

3月26日 小田原高校

3月26日 船橋東高校


3月31日 本塾大学生 対 川越東高校



女子の部 1日目の集合写真

女子の部 2日目の集合写真

船橋東高校

不動岡高校

topへ


Warning: include_once(../../common/sidemenu1_1.html): failed to open stream: No such file or directory in /home/keio-stc/www/aboutus/shotai/2015_03.php on line 132

Warning: include_once(): Failed opening '../../common/sidemenu1_1.html' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/7.3/lib/php') in /home/keio-stc/www/aboutus/shotai/2015_03.php on line 132